UAV自動航行と点群作成の講習の講師を担当しました(群馬県前橋市)

2021年1月20日、令和2年度ICT施工研修(一般社団法人 群馬県建設業協会 主催、日本マルチメディア・イクイップメント株式会社 企画・運営)の中で「UAV起工測量のための自動航行」「UAV等による起工測量実習」「写真からの3次元点群データ作成実習」のテーマにて 高山ドローンリサーチ株式会社 代表取締役 高山 誠一 が講師を担当させて頂きました。

ICT施工研修は全体で5日間のカリキュラムで、その中の2日目のカリキュラムにUAVの座学と実習が組み込まれていました。フライトプラン作成方法、UAV自動航行実習、点群データ作成実習、を担当させて頂きました。地上の測量は他の講師の方が行い、その間にUAVの準備や質問への対応を弊社が担当するなど、それぞれの会社の強みを活かしながら講習は進んでいきました。 今回の研修は市の職員の方も注目されておられ、ご質問の内容から、高い関心を寄せられていることも感じました。

最後に「i-Construction」の中でのUAVの位置づけもお伝えしました。UAVやSfMを導入すればよいわけではなく、作成した3次元データを有効に活用していく必要があることをお話しました。しかし、活用方法ばかりに目が行ってしまい「目的に合った精度が担保されたデータを作る」ことをおろそかにしてしまっては、i-Construction 全体の品質が下がってしまう可能性があり、精度管理を行うことの大切さもお話ししました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です