共著本「空飛ぶプログラム」を出版しました

高山ドローンリサーチ株式会社の代表取締役である 高山 誠一 が著者の一人として書籍「空飛ぶプログラム」を出版しました。

義務教育でプログラミング教育が必修となります。小学校では今年から、中学校では来年から始まります。 一方で、教える人材の不足や、どのように教えればよいかわからない、という声もよく聞きます。 題材としてロボットが選ばれることもありますが、ドローンも「子供が興味を持ちやすい」ということから以前から注目されていました。

そのような背景の中、20年前からIT教育関連NPOを立ち上げ活動されていた石井氏・田口氏と共同して、本書を書き上げました。 株式会社ドローンエモーションの活動に参画する中でこのような機会を頂き、大変感謝しております。

ネット書店では2020年2月22日から発売開始となっております。書店にも徐々に手に入るようになる予定です。
是非一度、手にとってご覧いただけますと幸いです。
手前味噌で恐縮ですが、教育のプロと、ドローンのプロと、プログラミングのプロ、それぞれの力作となっております。

【参考】
出版社HP :https://www.c-r.com/book/detail/1340
amazon :https://www.amazon.co.jp/dp/486354300X
楽天ブックス : https://books.rakuten.co.jp/rb/16173562/?l-id=search-c-item-text-01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です