消防組織向け出張ドローン講習

消防組織向けに特化した、出張型のドローン講習です。
関東甲信越圏であれば一律料金のパッケージ価格となっております。
※他地域については別途ご相談ください
※新型コロナウイルス感染対策を万全に行っての講習をさせて頂きます。

価格体系

価格(税抜)受講者数/講師数その他
25万円6名以上/講師2名1日間(約6時間)
16万円5名以内/講師1名1日間(約6時間)

注意)1人あたりの価格ではなく、1講習あたりの価格です。

<キャンセルポリシー>
・雨天を理由としたキャンセル
  3日前から前日の正午までのキャンセル:合計額の50%
  前日の正午から当日のキャンセル:合計額の100%
・その他の理由によるキャンセル
  稼働日の7日前から3日前の正午までのキャンセル:合計額の50%
  3日前の正午から当日のキャンセル:合計額の100%

<時間配分>
ご相談に応じます。以下は例です。
 例1)座学3時間+実習3時間
 例2)実習3時間+実習3時間
 例3)シミュレータ1時間+座学2時間+実習3時間
 例4)シミュレータ1時間+実習2時間+実習3時間

特徴

  • 消防組織への講習経験のある講師が、出張して講習を行います。
  • お客様が所有するドローン及びお客様のご用意された会場で講習を致します。
  • 実習では基礎訓練のほか、消防活動に役立つような実習を織り交ぜます。
    (例:訓練等の屋上の映像撮影、高高度からの状況把握画像の撮影、要救護者の捜索を想定した実習、など)

以下は基本的な訓練の例です(講師により指導方法が異なりますが、一つの例としてご覧ください)。

受講者のレベルやご要望に応じて最適な方法を講師が指導します。


メッセージ

高山ドローンリサーチ株式会社 代表取締役の高山と申します。
本サービスは消防組織に特化した、講師が出張する形式のドローン講習です。

私は、令和元年から令和2年にかけて日本全国14箇所の消防学校で行われたドローン操縦講習に、アシスタント講師として参加しました。消防学校に納入された小型機の講習を中心として、講師陣の一員として消防学校の教官及び消防団の皆様に講習をさせて頂きました。講習を行った講師全員が「消防組織の皆様は安全管理が徹底しており、情熱があり、誠実で、上達も速い。とてもやりがいがある」と感じておりました。

一方で、2日間の講習でお伝えできることは限られており、車の運転と一緒で操縦を続けていなければせっかくの機会も無駄になってしまうことを危惧しておりました。組織的な「継続教育」の必要性を感じておりました。

そこで、全国30箇所の消防学校で講習経験がある講師に協力を仰ぎ、継続した講習を行うための「出張ドローン講習」を企画しました。
新型コロナウイルス感染対策を万全に行っての講習をさせて頂きます。
社会インフラとして重要性の増しているドローンを安全に、そして消防組織の中で効果的に利用していくための仕組みづくりのお手伝いをさせて頂ければと思っております。

令和2年7月吉日
高山ドローンリサーチ株式会社
代表取締役 高山 誠一

講師の講習実績

北海道消防学校、青森県消防学校、秋田県消防学校、山形県消防学校、宮城県消防学校、福島県消防学校、群馬県消防学校、栃木県消防学校、茨城県消防学校、東京都消防学校、神奈川県消防学校、富山県消防学校、長野県消防学校、福井県消防学校、滋賀県消防学校、愛知県消防学校、滋賀県消防学校、京都府立消防学校、大阪府消防学校、広島県消防学校、山口県消防学校、香川県消防学校、高知県消防学校、長崎県消防学校、大分県消防学校、鹿児島県消防学校、沖縄県消防学校 全27校

問い合わせ先

高山ドローンリサーチ株式会社
消防組織向け出張ドローン講習 窓口
 問い合わせフォーム
  ※題名に「消防組織向け出張ドローン講習」と記載頂けますと幸いです
メール: tdr.drone.co.ltd (at) gmail.com
※ (at) の部分を @ に変更してください