「UAV(ドローン)の活用」の講習を行ってきました(兵庫県三田市)

2019年10月29日、令和元年リカレント研修(職業訓練法人 近畿建設技能研修協会 三田建設技能研修センター 主催、日本マルチメディア・イクイップメント株式会社 事務局)の中で「UAV(ドローン)の活用」をテーマに 高山ドローンリサーチ株式会社 代表取締役 高山 誠一 が講師を担当させて頂きました。

リカレント研修は全体で第1回から第8回まであり、その中の第3回目のテーマとして位置づけられていました。今年6月にも群馬県で行われましたが、今回の兵庫県三田市では3名の生徒が参加されました。

少人数であることの特徴を生かし、座学と実習を約1時間おきに織り交ぜ、近い距離で丁寧な講義を心掛けました。 参加者同士の協同作業や、最後は動画まで作成する作品作りに挑戦して頂くなど、前回のリカレント研修とは違った工夫も取り入れました。

最初のうちは控えめな印象だった生徒さん達も、徐々に緊張がほぐれてきたのか、デジカメを使った実習では自分のスマホで自分なりの撮影方法を提案してチャレンジするなど、積極的な姿勢をみせてくださりこちらも嬉しかったです。


実習にて生徒の皆様が撮影した画像から作成した三次元点群の例

生徒3名で協同で撮影して処理した、研修所周辺の擁壁の3Dモデル

最後に生徒が作成した3Dモデルの動画作品(1名分のみ、残り2名は車のナンバーが映り込んでいるため非公開)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です